中央 公論 新 社。 中央公論 (中央公論新社): 1899|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

中央公論社

社 新 中央 公論

⚛ 詳細情報 タイトル 中央公論 著者標目 著者標目 著者標目 出版地(国名コード) JP 出版地 東京 出版社 中央公論新社 出版年月日等 1899- 大きさ、容量等 冊 ; 21cm 注記 雑誌記事索引採録あり 一般総合誌 注記 国立国会図書館雑誌記事索引 63 9 1948. 同じように平明な文体で知られる 外山滋比古の『文章を書く心』(福武書店)は、「段落と段落の間の論理は、少し飛躍していたほうがよさそう」とか「題をつける練習をしていると、言いたい筋をとらえながら書くことができる」「推敲のさいには声を出すようにする」といったコツが、エッセイの中にちりばめられている。 昭和28年、現在の社屋の土地225坪を購入、昭和31年11月23日新社屋に移転します。 いずれもよく似た装丁でハードカバーで ジャケット付きサイズは普通の文庫本よりやや大きめである。

8

中央公論社

社 新 中央 公論

😔 「中央公論社の八十年史」では 「二年のちには、東京駅前に新築された丸ノ内ビルディングの七階、七七六区に移った。 、本社機能が旧中央公論社時代から使われてきたの自社ビルからの19階に移転した。 株式会社中央公論新社(ちゅうおうこうろんしんしゃ)は、日本のである。

12

中央公論社

社 新 中央 公論

🚀 一般向け学術書を中心としている点では中公新書とコンセプトを共有しているが、新書よりも比較的分量の多い著作が中心であり、新書として企画されたものがページ数の増加で叢書での刊行に変更されたり、新書から刊行された書目の続編が叢書から刊行された例もある。 『』等、一部の出版物は移籍することなく引き続き読売新聞社(読売新聞東京本社)から発行された。

14

谷崎潤一郎『文章読本』(中央公論新社)、川端康成『新文章読本』(新潮社)、三島由紀夫『文章読本』(中央公論新社)、丸谷才一『文章読本』(中央公論新社)ほか

社 新 中央 公論

🤪 2001年4月より改訂版(新書判)が、で刊行中。 京都は千年来王城の地で、宗門の本拠にはちがいないが、政治・経済の中心は東京に移ってしまっている。

3

谷崎潤一郎『文章読本』(中央公論新社)、川端康成『新文章読本』(新潮社)、三島由紀夫『文章読本』(中央公論新社)、丸谷才一『文章読本』(中央公論新社)ほか

社 新 中央 公論

☮ 以前、「宇野千代の東京を歩く」で中央公論社の場所を「生きて行く私」を参照して 「電車道を距てて燕楽軒の真ん前にあった、あの、中央公論社」とあるので、燕楽軒の真正面、つまり本郷三丁目の交差点を少し赤門の方に行った右側のビルと思っていたのですが、反対側の三原堂の先の第一勧業銀行のビルが正解だと思います。 2001年3月に創刊。

1

中央公論新社

社 新 中央 公論

🖖 しかし昭和24年1月嶋中社長が急死し、次期社長に嶋中社長の次男、鵬二(25歳)が就任します。 『』、『』 - 『世界-』は1966年から1976年にかけ全81巻が、『日本-』は1969年から1982年にかけ全50巻が刊行された。 このページについての御意見は まで E-mail address:nakasima gifu-nct. 中公叢書 1967年1月に創刊。

18

中央公論 (中央公論新社): 1899|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

社 新 中央 公論

☎ このころが中央公論社の最も良かった頃ではないでしょうか。

5