日本 標準 産業 分類。 日本標準産業分類からみた事業区分(大分類-E製造業)|国税庁

日本標準産業分類とは

分類 産業 日本 標準

👆 原材料の支給を受けて行う加工処理は、第四種事業に該当する。

14

日本標準産業分類(平成25年[2013年]10月改定)

分類 産業 日本 標準

🚒 9299 - 他に分類されないその他の事業サービス業• 8241 - 教授業• 851 - 社会保険事業団体• 96 - 外国公務• 7841 - 公衆浴場業• 7311 - 広告業• その他の食料品製造業〔099〕 第三種事業 原材料の支給を受けて行う加工処理は、第四種事業に該当する。

12

日本標準産業分類からみた事業区分(大分類-E製造業)|国税庁

分類 産業 日本 標準

⌚ 油脂加工製品・石けん・合成洗剤・界面活性剤・塗料製造業〔164〕• 8509 - その他の管理、補助的経済活動を行う事業所• 8299 - 他に分類されない教育、学習支援業• そうしますと、 分類コード 項目名 7271 著述家業 という内容が出てきました。 その他の木製品製造業(竹、とうを含む)〔129〕 第三種事業 9寸角の木材を、3寸角の柱にして販売する事業は第三種事業に該当する。 722 - 、事務所、事務所• 8025 - ・スポーツ等興行団• 830 - 管理、補助的経済活動を行う事業所(83医療業)• 8033 - ・の競走場• 745 - 計量証明業• その他のなめし革製品製造業〔209〕 第三種事業 原材料の支給を受けて行う加工処理は、第四種事業に該当する。

2

日本標準産業分類(平成25年[2013年]10月改定)

分類 産業 日本 標準

⚛ 841 -• 金属の支給を受けて行う塗装 はん用機械器具製造業 〔25〕• 8500 - 主として管理事務を行う本社等• 貝、えびの支給を受けて行うむき身の製造 購入した商品の性質及び形状を変更して販売する次のような事業も第三種事業に該当する。 宗教用具製造業〔132〕• 玄米の支給を受けて行う精米• 動植物油脂製造業〔098〕• ) 機械の修理を行う事業は第五種事業に該当する。 製鉄業〔221〕• 炭素・黒鉛製品製造業〔216〕• 7431 - 機械設計業• 8053 -• その他の非鉄金属製造業〔239〕 第三種事業 原材料の支給を受けて行う加工処理は、第四種事業に該当する。

12

日本標準産業分類からみた事業区分(大分類-E製造業)|国税庁

分類 産業 日本 標準

⚠ 〔例〕• 水産食料品製造業〔092〕• 7899 - 他に分類されない洗濯・理容・美容・浴場業• 茶・コーヒー製造業(清涼飲料を除く)〔103〕• 872 - (他に分類されないもの)• パルプ製造業〔141〕• 清涼飲料製造業〔101〕• 8023 -• 789 - その他の洗濯・理容・美容・浴場業• I - 業、業• 832 - 一般• 785 - 業• 金属素形材製品製造業〔245〕• 8092 - 業• 他に分類されない製造業〔329〕 第三種事業 原材料の支給を受けて行う加工処理は、第四種事業に該当する。

3

業種の調べ方(日本標準産業分類)

分類 産業 日本 標準

⚔ 原材料の支給を受けて家具・建具等を組み立て又は塗装する事業 パルプ・紙・紙加工品製造業 〔14〕• 782 - 業• 【回答要旨】 事業者が行う事業の区分は、原則として、それぞれの資産の譲渡等ごとに判定を行うことになりますが、日本標準産業分類を基に事業の種類を区分するとおおむね次のように分類されます。 鉄素形材製造業〔225〕• 織物業〔112〕• (平成26年)4月から施行された。 電子部品製造業〔282〕• 7451 - 一般計量証明業• 製版業〔152〕 第三種事業 原材料の支給を受けて行う加工処理は、第四種事業に該当する。

20

日本標準産業分類とは

分類 産業 日本 標準

☕ 果物等の支給を受けて行う缶詰加工• 陶磁器・同関連製品製造業〔214〕• 金属の支給を受けて行う表面処理• 8341 -• 749 - その他の技術サービス業• 7421 -• 航空機・同附属品製造業〔314〕• 電子部品・デバイス・電子回路製造業 〔28〕• 落花生を煎って殻から取り出しピーナッツとして販売する• (旧: 指定統計)においては原則として産業別の統計を公表する際に本告示に基づいて結果を公表しなければならない。 731 - 広告業• ボイラ・原動機製造業〔251〕• 舗装材料製造業〔174〕• 製品の支給を受けて漆塗りを行う事業• 自動車・同附属品製造業〔311〕• 〔例〕• 機械の組立を請け負って行う事業• T - 分類不能の産業 研究者 [ ]• 貴金属・宝石製品製造業〔321〕• 726 - 業• 金属製品の支給を受けて行う彫刻• C - 、採石業、砂利採取業• 暖房・調理等装置、配管工事用附属品製造業〔243〕• 855 - 事業• 2 この表の事業区分欄は日本標準産業分類の各業種分類における一般的な事業の種類を表示したものであり、この表の留意事項欄に例示のない資産の譲渡等については、個別に判定する必要があります。

17

業種の調べ方(日本標準産業分類)

分類 産業 日本 標準

🤜 畳等生活雑貨製品製造業〔328〕• 8321 - 有床診療所• 8061 - 場• 711 - 研究所• 統計データを探す• 船舶製造・修理業、舶用機関製造業〔313〕• プラスチック板・棒・管・継手・異形押出製品製造業〔181〕• 729 - その他の専門サービス業• 部品の支給を受けて加工 旋盤等の加工 を行う事業• 83 - 業• 印刷関連サービス業〔159〕 おおむね 第四種事業 おおむね原材料の支給を受けて行う加工処理であることから、第四種事業に該当する。 8559 - その他の障害者福祉事業• 88 - 処理業• 80 - 娯楽業• 1 事業区分のうち、第三種事業及び第五種事業については、日本標準産業分類 大分類 の製造業等及びサービス業等の分類を基準に、これらの製造業等及びサービス業等として一般的に行われる資産の譲渡等に該当するかどうかにより判定を行いますが、すべての業種の判定について日本標準産業分類からみた事業区分の目安に過ぎません。

2