トシ ヨシハラ。 中国海軍の脅威、トシ・ヨシハラ博士の「中国の日本の海軍力観」

自衛隊は中国人民解放軍に敗北する!? / 渡部 悦和【著】

ヨシハラ トシ

😙 CSBAは30年前、国家の安全保障戦略と投資オプションについて議論を促進するために設立された、独立した無所属の研究機関である。 フェア• 日本は、中国が仕掛ける「既成事実化」を拒否する戦略を立てる必要がある 米シンクタンク「戦略予算評価センター CSBA 」の上級研究員を務めるトシ・ヨシハラ氏が、尖閣諸島をめぐる中国の対応が激しさを増しており、危機的な状況を迎えていると警告を発している。

10

【紅い南シナ海(番外編)】中国海洋戦略専門家のトシ・ヨシハラ氏「軍事拠点化は国際秩序への挑戦」「前線国家との連携強化を」 (1/2ページ)

ヨシハラ トシ

☎ ・中国政府の海軍に対する信頼も、以前には見られなかったほど高まっている。 これから出る本をさがす• 海幕防衛部長、大湊地方総監、海幕副長、横須賀地方総監を経て平成28年に海上幕僚長で退官(海将)。

4

20110927

ヨシハラ トシ

😍 特に注目したい記述は、1)「中国の政治家や海軍指揮官たちは、数量的優位がそのまま海軍の強さの指標と思い込み、過度な自信に溢れ、攻撃的な戦略を採用したい欲望にかられていること」、2)「1894年の日清戦争の敗戦、その後のアメリカによるアジア覇権を、「中国夢」を阻止した原因であると振り返り、歴史的事実に悔恨の念を抱いていること」3)「日本の宗谷、対馬、大隅、宮古などの国際海峡および第一列島線の存在によって各種作戦行動が制約を受けると認識していること」などである。 過去10年間、中国海軍は艦隊の規模、総トン数、火力などで海自を追い抜いた。 内容説明 海上自衛隊はすでに中国海軍に凌駕されている。

自衛隊は中国人民解放軍に敗北する!?

ヨシハラ トシ

🤞 中国は、そうした威圧態勢を通じた「消耗戦」を仕掛け、日本の抵抗力を押し下げようとしている。 Holmes and Toshi Yoshihara, Chinese Naval Strategy in the Twenty-first Century: The Turn to Mahan Routledge, 2008 【米海軍作戦部長指定図書】 米海軍士官は、よく本を読んでいます。 さらに、歴代の米政権は米中関係の円滑化を図るため南シナ海問題を他の懸案から「区分化」させる傾向にあったことが現在の事態を招いたとの考えを示し、「台湾やチベット、人権、貿易など、中国が挑まれるのを避けたがる問題を南シナ海問題とリンクさせて中国に圧力をかけるべきだ」と強調した。

中国海軍の脅威、トシ・ヨシハラ博士の「中国の日本の海軍力観」 投稿日時: 2020/06/15 15:40[フィスコ]

ヨシハラ トシ

😁 艦艇のミサイル垂直発射装置は圧倒 ワシントンの安全保障研究機関「戦略予算評価センター」(CSBA)が「日本の海洋パワーに対する中国の見解」と題する調査報告書を作成した。 博士の気さくな人柄と大変流暢な日本語に助けられ、率直かつ活発な議論ができ、大変有意義な意見交換会となりました。

楽天ブックス: 中国海軍vs.海上自衛隊

ヨシハラ トシ

💓 我が国としては、中国海軍の戦闘能力の正確な分析評価を行い、十分対応できる防衛力整備を行うとともに、堅固な日米同盟および価値観や理念をともにする台湾、豪州やインド等との連携も図りながら、中国が無謀な暴挙に走り出さぬよう、しっかり抑え込むべきであろう。 【ワシントン=黒瀬悦成】米国での中国海洋戦略研究の第一人者である、米政策研究機関「戦略予算評価センター」のトシ・ヨシハラ上級研究員が産経新聞のインタビューに応じた。

1